Home » 富士山 » 認知度が高まっていく世界遺産に登録された理由は欠かせない

認知度が高まっていく世界遺産に登録された理由は欠かせない

この世界には綺麗な風景を見ることのできる場所はいくつかあるのですが富士山に勝るものはないと思います。
世界各国の山々を押しのけて見事世界文化遺産に登録された位です。
では何故富士山が世界文化遺産に登録されたのかを説明いたしましょう。

まずは、その標高ですね。
インターネットで調べた結果、他の山の標高は低く設定されているのですが富士山はかなり高く設定されているんですよ。
数字にしたら5000キロは軽く超えるでしょうね。

次に景色かと思います。
登頂した時の絶景たるや言葉に出ない位美しいと言っても良いでしょうね。
しかも休憩スポットも沢山ありお年寄りにも優しくなっています。

そして何といってもご来光が見られるという所です。
一度ご来光を見てみたいという人は沢山居るかと思います。
ですがどこの山でも中々見ることが出来ませんが唯一富士山ではご来光を見ることが出来るのです。

この3点が世界文化遺産に登録された理由かもしれません。
登録される前はマニアの人しか訪れることが無かったのですが、これからはマニアではない人もドンドンと押し寄せてくるかもしれません。
なので、これからはより一層認知度が高まっていくかもしれないです。
まさに富士山は日本には欠かせないものかと思います。